FC2ブログ

もう一人の天才に始まる大事業

ここでは、「もう一人の天才に始まる大事業」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ローマ人の物語〈27〉すべての道はローマに通ず〈上〉 (新潮文庫)

カエサルが飛びぬけ存在感で描かれていたこのシリーズだが、インフラを主役においた今回に限って言えばアッピウス・クラウディウスの天才ぶりも見逃せない。
著者自身「ローマ時代の偉人でこの人の頭の中はどうなっていたのだろう?と本気で考えてしまうのはカエサルとアッピウスだ」と語っている。
ローマ発展の礎を築いたといってもいい街道網と上下水道の整備。万里の長城は外敵を入れないために築かれたものだったがローマは外への道を広げることによってその基盤を絶対のものにした。この思考の違いが面白い。

ローマ人の物語〈27〉すべての道はローマに通ず〈上〉 (新潮文庫)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。